February 23, 2018 / 8:38 AM / 10 months ago

GM韓国の基本給凍結提案へ、ボーナスも支給せず=社内文書

[ソウル 23日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)は赤字の韓国子会社について、コスト削減のため今年は基本給を凍結し、ボーナスも支給しない方針だ。一部手当ての停止も提案する。ロイターが23日に確認した社内文書で判明した。

 2月23日、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は赤字の韓国子会社について、コスト削減のため今年は基本給を凍結し、ボーナスも支給しない方針だ。群山の同社工場で13日撮影。提供写真(2018年 ロイター/Yonhap via REUTERS)

GMは先週、韓国にある組立工場4カ所のうち、群山市の工場を5月までに閉鎖し、残り3工場の今後についても数週間中に結論を出す方針を明らかにした。

GMはチームリーダーに宛てた文書の中で、韓国子会社労働組合との今年の賃金交渉における提案内容を説明。「2018年にボーナスを支給するのは不可能だ」とした。

幹部がこれまでに明らかにしていたところによると、GM韓国子会社はこれまでほぼ毎年、各従業員に約1000万ウォン(9285.83ドル)のボーナスを支給していた。

また文書によると、GMは「韓国子会社の製造競争力を改善する」ため、今年の基本給凍結を提案するほか、将来の賃金の伸びについてインフレを下回る水準に抑える。

提案内容には従業員の子どもを対象とした授業料手当などの停止も盛り込まれている。

関係筋2人によると、GMは韓国の従業員に対し、総額3000億ウォンの手当を削減すべきだと伝えた。同筋1人は、GMが従業員に法人カードの使用を控えるよう求めたと述べた。

GM韓国子会社の広報担当者はコメントを避けた。

労組の広報担当者は正式に提案を受け取っていないと述べた。

一方、GMは23日、韓国・富平の工場を債務の担保として使用する要請を撤回したと、事情に詳しい関係筋がロイターに明らかにした。

米デトロイトのGM本社は、約5%の利息で韓国子会社に3兆ウォン近くを融資しており、このうち7000億ウォンは今月末に返済期限を迎える。

またGMは韓国子会社の取締役会で、政府が同子会社のデューデリジェンス(査定)を終えるまで、7000億ウォンの債務の返済を一時的に軽減することで合意したという。

関係筋は「GMは取締役のメンバーに対し、政府との話し合いは進展しているものの、労組との話し合いはほとんど進んでいないと明らかにした」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below