March 29, 2019 / 8:52 AM / 3 months ago

米テスラ取引先の韓国自動車部品メーカー、GM韓国工場を買収

 3月29日、韓国の自動車部品メーカー、ミョンシンは、米ゼネラル・モーターズ(GM)の韓国子会社が閉鎖した韓国の群山工場を買収することで合意したと明らかにした。写真はインチョンで昨年5月撮影(2019年 ロイター/KIM HONG-JI)

[ソウル 29日 ロイター] - 韓国の自動車部品メーカー、ミョンシンは29日、米ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)の韓国子会社が閉鎖した韓国の群山工場を買収することで合意したと明らかにした。

電気自動車(EV)を委託生産するという。

ミョンシンは米EV大手テスラ(TSLA.O)や現代自動車(005380.KS)に部品を納入している。

GMは昨年5月下旬、世界的な事業再編の一環で韓国にある組立工場4カ所のうち、群山工場を閉鎖した。[nL4N1Q31Y0]

GMは売却価格を明らかにしていないが、ミョンシンによると、同社は6月28日に群山工場の土地と建物を1130億ウォン(9950万ドル)で取得する。

地元政府によると、ミョンシンが参加する企業連合は当初2000億ウォンを同工場に投資し、2021年から5万台のEVを生産する。2025年の生産台数は15万台となる予定。

関係筋によると、同企業連合はEVの生産について海外の自動車メーカーと協議中。テスラではないという。

地元政府によると、EV工場では900人の雇用が創出される。取引先などでも追加で2000人の雇用が創出される見通しという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below