May 28, 2014 / 3:02 AM / 5 years ago

米夫婦が庭で発見した金貨が競売に、価値1億円のコインも

[サンフランシスコ 27日 ロイター] - 貨幣専門店カギンズによると、米カリフォルニア州ゴールドカントリーに住む夫婦が私有地内で犬の散歩中に発見した1000万ドル(約10億2000万円)相当の金貨の大半が27日、同州サンフランシスコでオークションに掛けられる。

ゴールドカントリーは1849年のゴールドラッシュ時代にちなんで名付けられた地名。夫婦の氏名など詳細は明らかにされていないが、昨年4月に庭で犬の散歩中、さびついた金属缶が埋もれているのを発見。掘り出してみると、計8缶に1427枚の金貨が入っていた。

カギンズの専門家によると、金貨は1800年代半ばから後半に鋳造されたもので、新品同様の状態だった。

オークションは1866年に鋳造された20ドル金貨からスタートするという。同金貨は約100万ドルの価値があるとみられている。この金貨のオークションで得られた収益は、会場となった造幣局を修復し、ミュージアムに改装する費用に充てられるという。

残りの金貨はカギンズのウェブサイトと、ネット通販大手アマゾン・ドット・コムで同日午後9時(太平洋夏時間)から売りに出される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below