May 6, 2018 / 11:45 PM / 18 days ago

WGCが新たな金ETF導入へ、手数料引き下げライバルに対抗

[ロンドン 4日 ロイター] - 関係筋によると、産金業界団体ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)は、新たな金ETF(上場投資信託)の導入を計画している。手数料を抑え、ライバルに対抗する狙いだ。

 5月4日、関係筋によると、産金業界団体ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)は、新たな金ETF(上場投資信託)の導入を計画している。スイスのメンドリシオで2008年11月撮影(2018年 ロイター/Arnd Wiegmann)

WGCが2004年に導入したSPDRゴールド・トラスト(GLD.P)は世界最大の金ETFだが、ロイターの調査によると、SPDRゴールド・トラストの金保有高のシェアは2010年代初めの75%から50%以下に縮小している。

17年初来の保有高の伸びでみると、SPDRゴールド・トラストが5%なのに対し、ブラックロック・グループ(BLK.N)が運営するiシェアーズ・ゴールド(IAU.P)のほうが手数料も低く、47%の伸びを記録している。

SPDRゴールド・トラストの手数料は40ベーシスポイント(0.4%)だが、iシェアーズは25ベーシスポイント。

関係筋によると、WGCの新たな金ETFは手数料を25ベーシスポイント前後に設定するという。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below