July 12, 2018 / 5:02 AM / 2 months ago

アングル:安全資産の輝き失う金、米中貿易摩擦でも資金流出

[ニューヨーク 11日 ロイター] - 米中貿易摩擦激化への懸念が高まる中、株式市場から資金が流出しているものの、通常は資金の避難先とされる金には流入していない。ドルに資金が殺到し、ドル建てで取引される金塊が割高になって需要が減っているからだ。

 7月11日、米中貿易摩擦激化への懸念が高まる中、株式市場から資金が流出しているものの、通常は資金の避難先とされる金には流入していない。2008年、都内で撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

米投資信託協会(ICI)が11日まとめた統計によると、3日までの最新週に、貴金属を含む商品ファンドから10億ドルの資金が流出し、2017年7月以来で最大の流出となった。

トムソン・ロイター・リッパーが先週まとめた統計でも、貴金属に投資するファンドは9週連続で資金流出が見られ、6月は20億ドルと、2016年12月以来で最大の流出となった。

米中貿易摩擦の深刻化で、投資家は株から資金を引き揚げている。しかし同時にドルに資金が投入され、ドルは過去3カ月で主な貿易相手国の通貨に対し5%上昇した。

投資家にとって、米中貿易摩擦は引き続き気がかりな材料だ。資産運用会社グラナイトシェアーズのウィリアム・リンド最高経営責任者(CEO)は、貿易摩擦は最終的にインフレを引き起こし、金相場には恩恵となるとみている。「今はドル高によってインフレによる好影響は打ち消されているが、関税が浸透し市場が反応すれば、インフレ圧力が高まり、金や商品を保有する投資家には恩恵となるだろう」と述べた。

ICIによると、3日までの最新週に米国に拠点を置く株式ミューチュアルファンドと上場投資信託(ETF)から計106億ドルが流出。過去3週間の流出額は337億ドルとなった。

国際株式に投資するファンドには7億6200万ドルが流入。債券ファンドには46億ドルが流入した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below