for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴールドマン、「ビットコイン」にオープンな姿勢維持=CEO

 10月3日、米金融大手ゴールドマン・サックスのロイド・ブランクファインCEOは、仮想通貨「ビットコイン」に対しオープンな姿勢を維持しているとの考えを示した。写真はビットコイン。仏パリで6月撮影(2017年 ロイター/Benoit Tessier/Illustration)

[3日 ロイター] - 米金融大手ゴールドマン・サックスGS.Nのロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)は3日、仮想通貨「ビットコイン」に対しオープンな姿勢を維持しているとの考えを示した。

同CEOはツイッターで「ビットコインについて検討し続けている。まだ結論には至っておらず、推奨することも拒否することもしない。金に代わり紙幣が導入された際は懐疑感があったと認識している」とした。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は前日、関係筋の話として、ゴールドマンが「ビットコイン」を含む仮想通貨に特化した新たなトレーディング・オペレーションを検討していると報じていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up