March 13, 2015 / 1:27 PM / 3 years ago

米ゴールドマン、ユーロが対ドルで17年末まで過去最安値更新と予想

[ロンドン 13日 ロイター] - 米金融大手ゴールドマン・サックスは13日、ユーロの対ドル相場予想を下方修正し、今後1年以内で等価(パリティー)を割り込み、2017年末までには過去最安値を更新するとの見通しを明らかにした。

 3月11日、ゴールドマンは1年以内にユーロが対ドルで等価を割り込み、17年末までに最安値を更新するとの見通しを明らかにした。写真はドルとユーロ紙幣、ソフィアで3月12日撮影。(2015年 ロイター/ Stoyan Nenov)

すでに複数の金融機関がユーロ相場予想を引き下げているが、ゴールドマンの見通しは金融大手のなかで最も悲観的。

ゴールドマンはユーロEUR=の対ドル相場の12カ月予想を1ユーロ=0.95ドルと、1月に示した前回予想の1.08ドルから引き下げ、16年末までには0.85ドル(前回予想は1.00ドル)、2017年末までには0.80ドル(同0.90ドル)になると予想。2000年10月に記録した過去最安値の0.8225ドルを下回ることになる。

ゴールドマンは、ユーロ圏から投資資金の流出が加速していることや、米金融政策の「正常化」がユーロの下落が見込まれる主な要因だと説明。

同社の為替ストラテジストらは調査ノートで、「ユーロ/ドルが、成長率および金融政策の異なる見通しを反映して、大幅に下振れると引き続き考えている」とした。

ユーロは今週、欧州中央銀行(ECB)が9日に量的緩和策を開始したことを受け、12年ぶりの安値である1.0494ドルをつけた。

ユーロ相場予想を今週、下方修正した金融大手には、クレディ・スイス、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ、ドイツ銀行が含まれる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below