September 5, 2019 / 4:44 AM / 14 days ago

米ゴールドマン、パートナー10人超が年内に退職も=WSJ

[4日 ロイター] - 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は4日、金融大手ゴールドマン・サックス・グループのパートナー10人超が退職について会社側と交渉しており、年内にも同社を去る可能性があると報じた。

WSJが関係筋の情報として報じたところによると、エリシャ・ウィーゼル最高情報責任者(CIO)やリサーチ部門を統括するスティーブン・スロンジン氏らが退職を交渉している。パートナーの最大15%が年内に同社を去る可能性があるという。

WSJによると、シニアパートナーのジェフ・ネデルマン氏は4日に退職した。

ゴールドマンはロイターの取材に現時点で返答していない。

ロイターは3日、ゴールドマンの社内文書を基に、証券部門でグローバル共同責任者を務めるマーティー・チャベス氏が今年末で引退すると報じた。

ゴールドマンは、昨年就任したソロモンCEOの下、事業の抜本的な見直しを実施しており、収益源の多用化や組織の効率化に取り組んでいる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below