for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴルフ=ガルシア、欧州ツアー撤退延期 欧米対抗戦出場で

 男子ゴルフの元マスターズ・トーナメント覇者、セルヒオ・ガルシアは、欧州と米国の対抗戦ライダーカップに出場するため、欧州ツアーから撤退する予定を延期した。米スポーツ専門チャンネルESPNが25日報じた。英セントアンドルーズで16日撮影(2022年 ロイター/USA TODAY Sports)

[25日 ロイター] - 男子ゴルフの元マスターズ・トーナメント覇者、セルヒオ・ガルシア(42、スペイン)は、欧州と米国の対抗戦ライダーカップに出場するため、DPワールドツアー(欧州ツアー)からの撤退を延期した。米スポーツ専門チャンネルESPNが25日報じた。

サウジアラビア政府系ファンドが支援する新ツアー「リブ・ゴルフ・インビテーショナル・シリーズ(LIV)」に加入したガルシアは先に、全英オープン選手権終了後に「愛されていると感じない」として欧州ツアーから撤退する可能性が高いと発言していた。

ESPNによると、ガルシアは「全英オープンを終えたとき、欧州ツアーの会員資格を返上する可能性が高いと述べた。それはライダーカップに出場できなくなることを意味する」とコメント。「しかし、ジョン・ラーム(スペイン)の言葉、欧州ツアーのメンバーとの会話を踏まえ、撤退を延期することにした」と説明したという。

世界ランク5位のラームは今月、ライダーカップの欧州チームにとってトップ選手の1人であるガルシアが欧州ツアーから撤退し、同大会に出場できなくなることは残念とコメント。解決策が見つかることを願っていると述べていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up