for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴルフ=元世界1位スコット、ウッズには「驚かされてばかり」

 男子ゴルフのタイガー・ウッズ(写真)は、日本初開催のZOZOチャンピオンシップで米ツアー最多記録に並ぶ通算82勝目を達成。同僚から称賛の声が上がっている。千葉で21日撮影(2019年 ロイター/Matt Roberts-USA TODAY Sports)

[千葉 28日 ロイター] - 男子ゴルフのタイガー・ウッズ(米国)は28日、日本初開催のZOZOチャンピオンシップで米ツアー最多記録に並ぶ通算82勝目を達成。同僚から称賛の声が上がっている。

2カ月前に膝の手術を受けていたウッズは、復帰戦となった同大会では2位の松山英樹に3打差をつけて優勝。43歳のウッズは飛距離ではライバルの多くに及ばないものの、全盛期のようなパワー重視のプレー以外でも勝てる方法を見つけた。

2013年のマスターズ・トーナメント覇者で元世界ランク1位のアダム・スコット(オーストラリア)は、ロイターの取材でウッズについて「彼には驚かされてばかり」とコメント。

「彼が出場する限り、優勝候補から外すことはできない。かつてほどの圧倒的な強さはないが、彼にはボールをカップに入れる信じられないほどの才能がある。調子に波はあっても、その才能はなくならない」と話した。

また、全米オープンの王者でZOZOチャンピオンシップの決勝ラウンドをウッズと回ったゲーリー・ウッドランド(米国)は「この2日間で彼が見せたショットの数々は、まるで冗談のようだった。彼の勢いは今後も止まらないと思う」と舌を巻いた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up