February 3, 2020 / 1:40 AM / 20 days ago

ゴルフ=フェニックスOP、コースをブライアント氏の追悼仕様に

 米PGAツアーは、NBAの元スター選手コービー・ブライアント氏への追悼として、2日に行われたフェニックス・オープン最終日で16番ホールを同氏の背番号に関連する仕様に変更。写真はブライアント氏にゆかりのあるジャージ着用のトニー・フィナウ。米アリゾナ州スコッツデールで1日撮影(2020年 ロイター/Joe Camporeale-USA TODAY Sports)

[2日 ロイター] - 米男子プロゴルフのPGAツアーは、ヘリコプター墜落事故で亡くなった米プロバスケットボール協会(NBA)の元スター選手コービー・ブライアント氏への追悼として、2日に行われたフェニックス・オープン最終日で16番ホールを同氏の背番号に関連する仕様に変更した。

変更となったのは16番ホールのピンポジションで、ブライアント氏が使用していた2つの背番号にちなんでグリーンエッジ手前から24ペース、左から8ペースの位置に設定された。

また、ピンフラッグは表裏に紫色でそれぞれ8と24の数字が刻まれる仕様となっていた。

プレーヤーでは、トニー・フィナウとジャスティン・トーマス(ともに米国)などがブライアント氏に関連するアイテムを着用してプレーするなど、レジェンドに哀悼の意を表した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below