July 17, 2019 / 2:00 AM / a month ago

ゴルフ=ウッズ、プレー数減少を弁明「意識的に減らした」

 男子ゴルフで元世界ランク1位のタイガー・ウッズは16日、プレー数が減少していることについて、残りのキャリアは慎重にスケジュール管理する必要があると述べた(2019年 ロイター/Ian Rutherford-USA TODAY Sports)

[ポートラッシュ(英国) 16日 ロイター] - 男子ゴルフで元世界ランク1位のタイガー・ウッズ(43、米国)は16日、プレー数が減少していることについて、残りのキャリアは慎重にスケジュール管理する必要があると述べた。

ウッズは優勝を飾った4月のマスターズ・トーナメントからわずか10ラウンドしかプレーしておらず、最後に出場したのは全米オープン選手権。32日間、実戦から離れた状態で18日の全英オープン選手権開幕を迎える。

ウッズは記者会見で「昨年はプレーしすぎた。17もの大会に出場した」と述べ、「今年はプレーしすぎないように、意識してスケジュールを減らした。可能な限りプレーしていたい。もし過剰にプレーすればそれほど長く現役ではいられない」と続けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below