July 29, 2019 / 12:38 AM / 3 months ago

ゴルフ=セントジュード招待、ケプカが優勝 今平は27位

 男子ゴルフの世界選手権シリーズで、米と欧州ツアーを兼ねるフェデックスセントジュード招待は28日、米テネシー州メンフィスのTPCサウスウインド(パー70)で最終ラウンドを行い、今平周吾は27位タイ、松山英樹は43位タイ。写真は優勝したブルックス・ケプカ(2019年 ロイター/Christopher Hanewinckel-USA TODAY Sports)

[28日 ロイター] - 男子ゴルフの世界選手権シリーズで、米と欧州ツアーを兼ねるフェデックスセントジュード招待は28日、米テネシー州メンフィスのTPCサウスウインド(パー70)で最終ラウンドを行い、15位で出た今平周吾は4バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの2オーバーと出入りの激しいゴルフで、通算3アンダーの27位タイに終わった。

30位でスタートした松山英樹は1バーディ、3ボギーで通算イーブンパーの43位タイだった。

2位から出た世界ランク1位のブルックス・ケプカ(米国)が通算16アンダーで逆転優勝。ケプカに1打差で前日首位だったロリー・マキロイ(英国)は最終日に1オーバーと崩れ、通算11アンダーで4位タイフィニッシュとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below