Reuters logo
ゴルフ=BMW選手権で松山は後退、リーシュマンが首位
2017年9月17日 / 02:25 / 1ヶ月前

ゴルフ=BMW選手権で松山は後退、リーシュマンが首位

 9月16日、米男子ゴルフのプレーオフ第3戦、BMW選手権の第3ラウンド、マーク・リーシュマン(右)が通算19アンダーに伸ばしてトップの座を守った(2017年 ロイター/Brian Spurlock-USA TODAY Sports)

[16日 ロイター] - 米男子ゴルフのプレーオフ第3戦、BMW選手権は16日、イリノイ州レークフォレストのコンウェーファームズGC(パー71)で第3ラウンドを行い、47位でスタートした松山英樹は通算3アンダーの210で49位タイに後退した。

松山は1イーグル、4バーディー、5ボギーの70で回った。マーク・リーシュマン(オーストラリア)が68で回り、通算19アンダーに伸ばしてトップの座を守った。

リッキー・ファウラー(米国)とジェーソン・デー(オーストラリア)が5打差の2位タイ。66で回ったジャスティン・ローズ(英国)が通算12アンダーの4位とした。

本大会を終えた時点での獲得ポイント上位30選手のみが、プレーオフ最終戦のツアー選手権に進むことができる。松山は11日の時点でポイントランキング4位につけていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below