for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴルフ=全米OP選手権、松山は41位に後退 星野は21位

 6月18日、男子ゴルフのメジャー、全米オープン選手権は第1ラウンドの残りと第2ラウンドを行い、メジャー2勝目を目指す松山英樹は通算3オーバーの145で41位に順位を落とした(2021年 ロイター/Michael Madrid-USA TODAY Sports)

[18日 ロイター] - 男子ゴルフのメジャー、全米オープン選手権は18日、米カリフォルニア州ラホヤのトーリーパインズGC(パー71)で第1ラウンドの残りと第2ラウンドを行い、メジャー2勝目を目指す松山英樹は通算3オーバーの145で41位に順位を落とした。

5位で出た松山だったが、2バーディー、3ボギー、2ダブルボギーの76とスコアを崩した。

星野陸也は第1ラウンドを69、第2ラウンドを74で回り、通算1オーバーで21位タイ。石川遼と浅地洋佑は予選落ちした。

リチャード・ブランド(英国)とラッセル・ヘンリー(米国)が通算5アンダーで並び、首位。ルイ・ウェストヘーゼン(南アフリカ)とマシュー・ウルフ(米国)が1打差の2位に付けた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up