December 7, 2018 / 2:55 AM / 11 days ago

ゴルフ=プレジデンツ・カップに臨むウッズ、「いい準備が重要」

 12月6日、男子ゴルフの欧州を除く世界選抜と米国選抜による団体対抗戦、プレジデンツ・カップで米国主将を務めるタイガー・ウッズは同大会で勝つには「いい準備が重要」と語った。米ラスベガスで11月撮影(2018年 ロイター/Rob Schumacher-USA TODAY Sports)

[メルボルン 6日 ロイター] - 男子ゴルフの欧州を除く世界選抜と米国選抜による団体対抗戦、プレジデンツ・カップで米国主将を務めるタイガー・ウッズ(42)は6日、同大会で勝つには「いい準備が重要」と語った。

ウッズは、自身がホストを務めたヒーロー・ワールドチャレンジに出場した選手がプレジデンツ・カップの直前まで現地入りできない点を懸念。プレジデンツ・カップの行われるオーストラリアと、ヒーロー・ワールドチャレンジの会場バハマは1万6000キロ離れており、2つの大会に出る選手はプレー開始48時間前にしか現地入りできない。

メルボルン入りしたウッズは米国選抜が唯一敗れた1998年大会の経験を引き合いに出し、準備がいかに大切かを力説。報道陣に対し、「正直に言うと、プレーする準備ができていなかったし、死んでいるような状態だった。世界選抜は準備をしてプレーし、我々を打ち負かした」と語り、自身の仕事は選手たちの準備を整えることだとした。

また、ウッズは自身もプレーしたい意向を示しているが、自動選出メンバーに入れなかった場合は副主将と相談するという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below