March 12, 2015 / 3:22 AM / 5 years ago

米グーグル、閲覧頻度低い「コールドデータ」の保管サービス開始

 3月11日、米グーグルは、将来的な利用のために保存する閲覧頻度の低い「コールドデータ」と呼ばれる情報向けのクラウド型保管サービスを開始した。2014年10月撮影(2015年 ロイター/Dado Ruvic)

[11日 ロイター] - 米グーグル(GOOGL.O)は、将来的な利用のために保存する閲覧頻度の低い「コールドデータ」と呼ばれる情報向けのクラウド型保管サービスを開始した。既存サービスよりも高速な処理が可能だという。

同社の「クラウド・ストレージ・ニアライン」の利用料は、1ギガバイト当たり0.01ドル。利用者は保存データに約3秒でアクセスできるという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below