October 1, 2019 / 11:47 PM / 16 days ago

グーグル独占禁止問題、コムキャストが米議会に提起=関係者

 10月1日、米アルファベット子会社グーグルが反トラスト法(独占禁止法)に違反していないかどうか調査を進めている米議会に対して、ケーブルテレビ(CATV)大手コムキャストが動画広告事業を巡ってグーグルに問題があると提起した。2018年9月17日、上海で撮影(2019年 ロイター/Aly Song)

[サンフランシスコ/ニューヨーク 1日 ロイター] - 米アルファベット(GOOGL.O)子会社グーグルが反トラスト法(独占禁止法)に違反していないかどうか調査を進めている米議会に対して、ケーブルテレビ(CATV)大手コムキャスト(CMCSA.O)が動画広告事業を巡ってグーグルに問題があると提起した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

4人の関係者の話では、先月非公開で開かれた議会の作業部会で、コムキャスト傘下の動画広告支援会社フリーホイールは、グーグルが運営する動画投稿サイトのユーチューブ上でプライバシー保護を口実にして、フリーホイールの顧客へのサービス提供を制限していると批判した。

フリーホイールがグーグルと2009年に結んだ合意に基づくと、ユーチューブにコンテンツを流しているメディア企業は、広告販売に際してグーグルのツールではなくフリーホイールの技術を使うことが認められている。フリーホイールのある顧客は、同社が長年の経験を持っているので頼りになると話した。

ただ昨年、グーグルは欧州でフリーホイールに対してユーチューブでのサービス提供を許可しなくなった。その理由に挙げられたのが、欧州連合(EU)が導入した一般データ保護規則(GDPR)で消費者データの共有に関する新たな基準が設定されたことだった。

米国では現在もユーチューブ上でメディア企業はフリーホイールの技術を利用できるものの、グーグルによってプライバシー保護を根拠に数十社がユーザーデータのアクセスを制限される形となっている。関係者によると、こうした状況ではメディア企業や彼らの広告主にとって、フリーホイールの技術を使う魅力が低下しかねないという。

フリーホイールが訴えている問題は、CATVやネット広告の業界で広く共有されている半面、グーグルから不当に圧迫されているとしている企業の大半は、グーグルに依存する事業運営を行っているため、報復を恐れてこれまで黙して語ってこなかった。

ただフリーホイールの親会社コムキャストの場合は、州と連邦政府へのロビー活動への支出や各種選挙における献金が多額に上っており、大きな政治力を持っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below