Reuters logo
グーグル、「男女の不平等は生物学的な差異」との社内文書に反論
2017年8月7日 / 04:03 / 2ヶ月後

グーグル、「男女の不平等は生物学的な差異」との社内文書に反論

 8月4日、米グーグルの匿名の男性技術者が作成した文書が波紋を広げている。ハイテク業界における男女不平等は生物学的な差異に基づくものだとする内容で、社内で出回っていた文書が明るみに出ると反論が噴出し、幹部らは批判的な見解を示した。写真は同社のロゴ。チューリッヒで2009年8月撮影(2017年 ロイター/Christian Hartmann)

[6日 ロイター] - 米グーグル(GOOGL.O)の匿名の男性技術者が作成した文書が波紋を広げている。ハイテク業界における男女不平等は生物学的な差異に基づくものだとする内容で、社内で出回っていた文書が明るみに出ると反論が噴出し、幹部らは批判的な見解を示した。

3000語から成るこの文書は「グーグルの左派バイアスが政治的な正しさを追求する単一文化を醸成している」とし、これがこの問題の真摯な議論を妨げていると指摘。「男女の好みや能力は生物学的理由を一因として異なっており、こうした差異はなぜハイテク業界やリーダーシップにおける女性の(男性と)平等な立場を実現できていないのかという理由を説明するかもしれない」と記載されている。

この文書は、ウーバー・テクノロジーズなどでのセクハラ問題とも相まって、男性優位のシリコンバレーにおける女性の待遇を巡って激しい論争を巻き起こしている。

最近就任したグーグルのダニエル・ブラウン副社長(多様性・公正性・ガバナンス担当)はこうした論争を受けて文書を出し、同社技術者の文書は「ジェンダーに関する正しくない思い込みを提示した」と指摘した。

同副社長は「オープンで包括的な環境をつくることは、異なる政治的見解を含め、別の見方を抱く人々が安心して意見を交換するような文化を促進することを意味する」と説明。「だが、そうした意見の表明はわれわれの行動規範、指針、反差別法にある平等雇用の原則に沿うものである必要がある」と付け加えた。

グーグルのアリストテレス・バロー副社長(技術担当)も技術者の文書を批判。「ステレオタイプで有害な思い込み」がグーグルの文化に影響を及ぼすことは許されないとした。

同社の広報担当者はロイターに対し、両副社長の文書がグーグルの公式な反応だとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below