May 27, 2015 / 1:37 AM / 5 years ago

米政権「グーグルの上告却下を」、オラクルとの著作権訴訟で最高裁に

[ワシントン/サンフランシスコ 26日 ロイター] - 米オバマ政権は26日、インターネット検索大手グーグル(GOOGL.O)とソフトウエア大手オラクル(ORCL.N)が争っている著作権訴訟で、連邦最高裁にグーグルの上告を却下するよう求めた。裁判資料で明らかになった。

訴訟ではグーグルのモバイル端末向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」をめぐり、オラクルのプログラミング言語Javaの著作権保護がどの程度認められるかが争われている。控訴審は昨年、Javaの一部著作権を認めるオラクル勝訴の判決を下した。

これに対し、グーグルはライセンス費用を支払うことなくJavaを自由に利用できるはずだとして、上訴していた。

今回のオバマ政権の対応は、裁判所から意見を求められていたことに答えたもの。最高裁は6月の期限末までに審理を開くかどうか決定するとみられる。

グーグルは「(オバマ政権による)結論に失望した」との声明を発表。一方、オラクルは「ソフトウエアのイノベーションを促進する上で著作権保護の重要性を確認した」として、政権の判断を歓迎した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below