for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米動物園で高齢ゴリラの死相次ぐ、最高齢60歳の「コロ」も

 1月18日、米フロリダ州のマイアミ動物園で女家長として君臨したゴリラ「ジョセフィーヌ」が50歳を目前にして死んだ。17日にはオハイオ州のコロンバス動物園で、最高齢ゴリラだった「コロ」(写真)が60歳で死んだばかり。写真はコロンバス動物園提供(2017年 ロイター)

[18日 ロイター] - 米フロリダ州のマイアミ動物園で18日、女家長として君臨したゴリラ「ジョセフィーヌ」が50歳を目前にして死んだ。17日にはオハイオ州のコロンバス動物園で、最高齢の「コロ」が60歳で死んだばかり。

今月に入って、米国の動物園で飼育されているローランドゴリラが死ぬのはジョセフィーヌで3頭目という。6日にはクリーブランドの動物園で32歳の「ビバク」が心臓疾患で死んだ。

17日に死んだメスのニシローランドゴリラ「コロ」は飼育されているゴリラとしては最高齢だったが、前日まで元気な様子だったという。一方、「ジョセフィーヌ」はここ数年弱っていて、検診の結果末期症状で回復の見込みがないことが判明していた。18日に衰弱が激しくなったため安楽死させたという。

ゴリラは野生でも飼育下でも50年以上生きる可能性があるが、実際にそこまで生きるケースはまれという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up