for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GoTo見直し不要と専門家も判断、感染防止策の徹底を=菅首相

11月13日、菅義偉首相(写真)は、国内で新型コロナウイルスの新規感染者が12日に過去最多を更新したことを受けて官邸で記者団に対し、政府として自治体の感染防止対策を支援する方針を示すとともに、国民に対しても防止策の徹底を求めた。首相官邸で9月代表撮影(2020年 ロイター)

[東京 13日 ロイター] - 菅義偉首相は13日朝、国内で新型コロナウイルスの新規感染者が12日に過去最多を更新したことを受けて官邸で記者団に対し、政府として自治体の感染防止対策を支援する方針を示すとともに、国民に対しても防止策の徹底を求めた。緊急事態宣言や、観光などの需要喚起策「GoToキャンペーン」の見直しが必要な段階ではないとの認識も示した。

菅首相は「新規感染者の増加傾向が顕著になっており、特に北海道・東京・大阪などで増加傾向が顕著」と指摘。12日に田村憲久厚生労働相、西村康稔経済再生相から報告を受け、政府として「自治体と緊密に連係しながら、最大限の警戒感をもって自治体の感染状況に応じた対策をしっかり実施するよう指示した」ことを明らかにした。

また「緊急事態宣言や、GoToキャンペーンの見直しは、専門家も現時点でそのような状況にないとの認識を示していると承知している」とし、「政府として、感染拡大地域で大規模・集中的な検査、クラスター対策専門家派遣など自治体の取り組み支援している」と指摘。その上で国民に対して、飲食を伴う懇親会などで「基本的な感染防止対策に務めて欲しい」と語った。

竹本能文

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up