for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GPIF、4―6月期運用損3.7兆円 利上げ警戒で株式振るわず

8月5日 公的年金を運用しているGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は5日、2022年4―6月期の運用実績が3兆7501億円の損失となったと発表した。2018年11月、都内で撮影。(2022年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 5日 ロイター] - 公的年金を運用しているGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は5日、2022年4―6月期の運用損失が3兆7501億円だったと発表した。赤字運用は2四半期連続で、収益率はマイナス1.91%となった。

欧米中銀による利上げや量的緩和解除の流れが強まり、内外の株式運用が振るわなかった。長期金利に上昇圧力がかかった国内債券もマイナス運用だった。

4―6月期に運用損を抱えたことで6月末の運用資産額は193兆0126億円に目減りした。3月末時点では196兆5926億円の資産を保有していた。

同法人によると、年金特会が保有する短期資産を含む積立金全体のうち、主要4資産の割合は6月末時点で国内債券25.65%、外国債券25.70%、国内株式24.53%、外国株式24.12%。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up