August 2, 2019 / 7:06 AM / 4 months ago

GPIF、2四半期連続でプラス運用=19年4―6月期実績

 8月2日、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が発表した2019年4―6月期運用収益率は0.16%と、2四半期連続でプラス運用だった。写真は都内で昨年11月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 2日 ロイター] - 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が2日発表した2019年4―6月期運用収益率は0.16%と、2四半期連続でプラス運用だった。収益額としては2569億円の黒字だったが、積み上げた利益の一部を国庫納付し、6月末の運用資産額は159兆2133億円(3月末は159兆2154億円)に減少した。

GPIFによると、資産ごとのプラス幅は国内債券0.81%、外国債券0.94%、外国株式1.29%。国内株式は2.31%のマイナス運用だった。

ロイターの推計では、GPIFは4―6月期に国内債券を2443億円売り越した。一方、国内株式を12億円、外国債券を9157億円、外国株式を218億円買い越しし、保有資産のうち外国債券の比率が18.05%と、規定の上限に迫っている。

*内容を追加しました。

山口貴也 編集:内田慎一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below