June 29, 2015 / 7:39 PM / 5 years ago

S&PがギリシャをCCCマイナスに格下げ、ユーロ離脱の確率50%

6月29日、S&Pはギリシャ国債の格付けを「CCCマイナス」に引き下げ、ギリシャのユーロ圏離脱の確率が約50%になったと指摘。写真は4月17日、アテネで撮影(2015年 ロイター/Alkis Konstantinidis)

[29日 ロイター] - 格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は29日、ギリシャ国債の格付けを「CCC」から「CCCマイナス」に引き下げ、ギリシャのユーロ圏離脱の確率が約50%になったとの認識を示した。

見通しは「ネガティブ」。

S&Pはさらに、今後6カ月以内に民間のデフォルト(債務不履行)が発生する公算が大きいとの見方も示した。

ギリシャ政府筋はこの日ロイターに対し、国際通貨基金(IMF)融資16億ユーロの返済を行わない見通しであることを明らかにした。

ギリシャがユーロ圏を離脱することになれば、公・民両部門が深刻な外貨不足に陥り、主要輸入品の配給制に発展する可能性があると指摘した。

民間債務の滞納などの事態が発生すれば、今後6カ月以内に長期格付けを引き下げる可能性があるとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below