for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア配車大手グラブ、SPACと合併 過去最大の約400億ドル

[シンガポール 13日 ロイター] - 東南アジア最大の配車サービス企業グラブ・ホールディングスは13日、上場に向けて米特別買収目的会社(SPAC)アルティメーター・グロースとの合併で合意した。グラブの企業価値は約396億ドルとなり、SPACとの合併としては過去最大規模。

合意には、ブラックロック、フィデリティ・インターナショナル、ジャナス・ヘンダーソン、シンガポールの政府系投資機関テマセク・ホールディングスなどの投資家を引き受け先とする40億ドル超のPIPE(上場企業の私募増資)が含まれる。

グラブは、2020年の業績が新型コロナウイルスのパンデミックにもかかわらず良好だったことから上場を目指す決断をしたと説明した。

ロイターは、複数の関係者の話として、グラブのSPACとの合併が早ければ13日にも発表されると伝えていた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up