February 13, 2019 / 3:09 AM / 4 months ago

今年の米グラミー賞授賞式、視聴者数は前年から若干増加

2月11日、今年のグラミー賞授賞式の米国内テレビ視聴者数は、昨年の1980万人から若干増加し、1990万人だった。公表された調査会社ニールセンのデータで明らかになった。写真は10日の授賞式でのリッキー・マーティンとカミラ・カベロで10日撮影(2019年 ロイター/Mike Blake)

[ロサンゼルス 11日 ロイター] - 今年のグラミー賞授賞式の米国内テレビ視聴者数は、昨年の1980万人から若干増加し、1990万人だった。11日に公表された調査会社ニールセンのデータで明らかになった。

グラミー賞は米音楽界で最高の栄誉とされており、10日に行われた3時間半にわたる受賞式の様子はCBSにより中継された。

アリシア・キーズが司会を務め、チャイルディッシュ・ガンビーノの「ディス・イズ・アメリカ」が最優秀楽曲賞と最優秀レコード賞を受賞。最優秀アルバム賞には、ケイシー・マスグレイヴスの「ゴールデン・アワー」が輝いた。

主要2部門の賞を獲得したチャイルディッシュ・ガンビーノをはじめ、多くのスターが授賞式を欠席したものの、ここ数年より授賞式の内容が改善したとの声が多かった。

話題を集めたのは、レディー・ガガによる映画「アリー/スター誕生」の主題歌「シャロウ」の熱唱。映画とは異なるグラムロック調でのパフォーマンスに会場が盛り上がった。

一方、ジェニファー・ロペスのパフォーマンスもネット上で話題になった。大物黒人アーティストを世に送り出してきた音楽レーベル「モータウン」のヒット曲メドレーのパフォーマンスにプエルトリコ系アメリカ人であるロペスを起用したことについて、人選ミスだなどの批判が相次いだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below