for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ハンガリーで墓穴掘り競争、速さと正確さで腕競う

[デブレツェン(ハンガリー) 3日 ロイター] - ハンガリー第2の都市デブレツェンにある墓地で3日、墓穴掘り競争が行われ、全国から参加した職人たちが技術とスピードを競った。

競技では、2人から成る18組のチームがくじ引きで決められた場所に着き、開始の号令とともに、シャベルを使って正確かつ迅速に掘ることが求められる。

作業の整然さに加え、全長2メートル、幅80センチ、深さ1.6メートルの規定サイズ通りに墓穴が掘られているかという点が審査される。

見事に優勝を果たし、ポーランド、スロバキア、チェコが参加する国際大会への出場権を獲得したのは地元出身のチームで、所要タイムは30分足らず。中には約1時間を要するチームもあった。

墓穴堀りの仕事は込み合った敷地で手作業によって行われており、この競技は職人の地位向上と若者へのPRの目的があるという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up