November 21, 2019 / 12:40 AM / 24 days ago

テニス=デビス杯、マリーの粘り勝ちで英国がオランダ下す

 男子テニスの国別対抗戦、デ杯本戦が20日にマドリードで行われ、E組の英国がオランダを2勝1敗で下した。写真は第1試合に勝利した英国のアンディ・マリー(2019年 ロイター/Susana Vera)

[マドリード 20日 ロイター] - 男子テニスの国別対抗戦、デビス杯(デ杯)本戦が20日にマドリードで行われ、E組の英国がオランダを2勝1敗で下した。

英国は第1試合にアンディ・マリーが登場。タロン・フリークスポールとの対戦は、セットカウント1─1で最終セットにもつれ込んだ。マリーは4─5で迎えたサービスゲームを0─30とされるピンチをしのぐと、タイブレークでも1─4や4─5とされた状況を乗り切り、セットカウント2─1で勝利した。

四大大会で3回の優勝経験を持つマリーは、股関節の手術による離脱もありデ杯でのプレーは2016年以来。試合後には「ほっとしている」と、安堵の言葉を残した。

英国は第2試合で敗れたものの、第3試合に勝利してチームの大会初戦を飾った。E組の2位以上が決まった英国とカザフスタンが1次リーグを突破し、2連敗のオランダは敗退が決まった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below