for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ギリシャ、銀行の不良債権削減支援に向け改革完了すべき=ECB

 ECBギリシャ訪問団トップのフランチェスコ・ドルディ氏は19日に公表されたインタビュー記事で、銀行が新型コロナウイルス危機に対処するのと不良債権を削減するのを支援するため、ギリシャは改革を完了させるべきだと述べた。写真は2015年7月、アテネのアクロポリスで撮影(2020年 ロイター/Ronen Zvulun)

[アテネ 19日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)ギリシャ訪問団トップのフランチェスコ・ドルディ氏は19日に公表されたインタビュー記事で、銀行が新型コロナウイルス危機に対処するのと不良債権を削減するのを支援するため、ギリシャは改革を完了させるべきだと述べた。

ECBは欧州委員会や国際通貨基金(IMF)とともに、ギリシャが2018年に欧州連合(EU)・IMFの第3次支援から脱却して以降の改革実行状況について四半期審査を進めている。

ドルディ氏はギリシャのウェブサイト「capital.gr」に対し、ギリシャ政府は新型コロナ危機で今年上半期に停滞した銀行の不良債権削減プロセスを支援するため、改革を完成させるべきだと指摘。これには破綻処理分野における法律改正や電子入札フレームワークの改善などが含まれるとした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up