Reuters logo
ギリシャ、近く市場から資金調達へ=チプラス首相
2017年6月21日 / 16:26 / 6ヶ月前

ギリシャ、近く市場から資金調達へ=チプラス首相

[アテネ 21日 ロイター] - ギリシャのチプラス首相は21日、ユーロ圏が前週にギリシャへの融資実施で合意したことを受け、ギリシャの国債利回りは低下し続けるとし、同国は近く市場から再び資金を調達できるようになるとの見方を示した。

 6月21日、ギリシャのチプラス首相は、ユーロ圏が前週にギリシャへの融資実施で合意したことを受け、ギリシャの国債利回りは低下し続けるとし、同国は近く市場から再び資金を調達できるようになるとの見方を示した。 写真は19日撮影。(2017年 ロイター/Costas Baltas)

ユーロ圏は15日の財務相会合でギリシャに対する85億ユーロ(95億ドル)の融資実施で合意し、2018年に見込まれる債務軽減措置の一部詳細を発表。会合には国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事も出席し、支援策への参加を表明した。

同会合以降、ギリシャ10年債GR10YT=TWEB利回りは5.58%近辺と約30ベーシスポイント(bp)低下し、2014年9月以来の低水準を付けている。

チプラス首相は閣議で、10年債利回りが5.5%近辺に低下したこと自体がギリシャに対する信認の表れとなると指摘。「利回りの低下は今後も続き、非常に近い将来にギリシャは良好な条件で市場から資金を調達できるようになる」と述べた。

そのうえで、ユーロ圏財務相会合では支援策終了後の債務の借り換えが可能になるよう、ギリシャの市場復帰の支援に向けた合意が得られたと指摘。「(同会合で)支援策を2018年8月まで終了させ、ギリシャを市場に復帰させるとの特定のコミットメントが示された」と述べた。

ギリシャが市場から資金を調達すれば2014年以来となる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below