April 16, 2019 / 12:50 AM / 2 months ago

ギリシャ、IMF融資の早期返済で経済的「自由」得る=首相

 4月15日、ギリシャのチプラス首相(右)は、同国が国際通貨基金(IMF)からの多額の融資を早期に返済することは、同国経済にとって好ましい状況をもたらす重要な一歩だとの見解を示し、一段の景気支援策を約束した。ヨルダンのアンマンで14日撮影(2019年 ロイター/MUHAMMAD HAMED)

[アテネ 15日 ロイター] - ギリシャのチプラス首相は15日、同国が国際通貨基金(IMF)からの多額の融資を早期に返済することは、同国経済にとって好ましい状況をもたらす重要な一歩だとの見解を示し、一段の景気支援策を約束した。

ギリシャのアンテナテレビとのインタビューで、「われわれは(経済的)自由を手に入れつつある」と述べた。

複数の関係者が15日、ロイターに語ったところによると、ギリシャは週内に、ユーロ圏の救済基金である欧州安定メカニズム(ESM)に対し、IMF融資を早期返済する許可を求める計画だ。

ギリシャは昨年8月、2010年以来3度目の国際金融支援から脱却した。

チプラス氏はインタビューで、国際支援団と合意し来年から実施される予定の課税ベース拡大措置である非課税枠の引き下げを行わない方針も示した。

2015年以来政権の座にある自身の左派政党、急進左派連合(SYRIZA)に言及し、「SYRIZAが政権を握っている限り、非課税(枠)の引き下げはない」と述べた。

今年行われる予定のギリシャ総選挙の前倒しはないとし、任期4年を全うする決意を表明した。

また、ギリシャは今年も財政目標を達成する見込みで、その成果は国民に還元されると述べた。

「ギリシャ経済が改善していることから、(イースター)休暇の後に財務相と会い、可能な措置を検討する。選挙前の贈り物としてではなく、恒久的な支援措置としてだ」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below