July 21, 2015 / 7:10 AM / 4 years ago

ギリシャの動物園が危機に直面、エサの輸入ストップの恐れ

 7月17日、ギリシャのアテネで唯一の動物園、アッティカ・パークの動物たちがエサ不足の危機に瀕している。写真は同園を設立したジャンジャック・ルシュー氏と動物たち。16日撮影(2015年 ロイター/Yiannis Kourtoglou)

[アテネ 17日 ロイター] - ギリシャに資本規制が導入されて3週間──。アテネで唯一の動物園、アッティカ・パークの動物たちがエサ不足の危機に瀕している。園内で飼育する345種2200匹の動物たちに与える飼料の輸入がストップする恐れがある。

同園はオランダから冷凍魚、ドイツからエサ用昆虫ゴミムシダマシ、フランスから栄養補助食品などを輸入する。ギリシャ危機を受けて取引業者が前払いを要求するようになった。ギリシャでは海外送金の規制が続いており、前払いの要求に応じることは難しい。

アテネに45年以上暮らすフランス人で同園を設立したジャンジャック・ルシュー氏(71)は「当園の動物たちの多くは特別なエサが必要だ。特別な栄養を配合しており、輸入でしか手に入らない」とロイターに語った。

ルシュー氏は国内で代用となるエサを探すなどしているが、「冷凍飼料は2週間ほどで底をつきそうだ。これは動物たちが生きるか死ぬかの問題だ」と嘆いた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below