January 9, 2020 / 2:57 AM / 17 days ago

世界の環境配慮型債務、19年は過去最高の4650億ドル=調査

[ロンドン 8日 ロイター] - ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)の8日公表の調査によると、グリーンボンド(環境債)やサステナビリティ(持続可能性)に配慮した融資など環境配慮型債務の全世界での実績額が昨年、過去最高の4650億ドルに上った。

前年比で78%増。これまでの累積額は12月末時点で1兆1700億ドルと、1兆ドルの大台に乗せた。

調達資金の使途を環境事業に絞ったグリーンボンドの昨年の発行額は2710億ドルと、前年の1820億ドルから増え、環境配慮型債務全体の半分以上を占めた。

ESG(環境・社会・企業統治)の観点から融資するESG金融は168%増の1220億ドルとなった。

BNEFのアナリスト、ジョナス・ルーズ氏は「世界的にサステナブル金融は力強く拡大している」と指摘。「最終投資家の気候変動に対する懸念と、多数の大手企業や銀行、政府の幹部が責任ある行動を取っていると評価されたいと望んでいることが、急拡大につながっている」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below