for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アインホーン氏のグリーンライト、テスラが破綻危機と指摘

 12日、著名投資家デービッド・アインホーン氏が率いるヘッジファンドのグリーンライト・キャピタルは、米電気自動車(EV)メーカーのテスラが再び破綻の危機に直面しているもようとの見方を示した。写真はカリフォルニア州で3月11日に撮影(2019年 ロイター/Mike Blake)

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 著名投資家デービッド・アインホーン氏が率いるヘッジファンドのグリーンライト・キャピタルは、米電気自動車(EV)メーカーのテスラTSLA.Oが再び破綻の危機に直面しているもようとの見方を示した。

12日、ファンドの顧客に書簡を送った。その中で、テスラの四半期需要予測は非現実的とし、需要不足や「必死の」値下げ、一時帰休、「閉鎖しそうでしなかった」店舗、サービスセンターの閉鎖、設備投資削減、性急な商品発表、「需要の問題から投資家の目をそらせようと、自動運転能力について誇張する新たな試み」などを問題点に挙げた。

イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は昨夏、今後毎四半期黒字を目指し、キャッシュフローもプラスになる見通しを示した。 グリーンライトはこのことに触れ、マスク氏が今年の1月末までそうした見通しを繰り返したと指摘。「方針を実現できなかった。数カ月以内にマスク氏が会社を破綻の危機から救ったとまた自慢するのか、それとも今回は実際に破綻するのかが当面の疑問」とした。

テスラからのコメントは得られていない。

※情報を追加します

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up