for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=FA会長、人種差別的発言で辞任

 イングランド・サッカー協会のグレッグ・クラーク会長が10日、人種差別的発言をした数時間後に会長職を辞任した。ロンドンで2017年11月撮影(2020年 ロイター)

[ロンドン 10日 ロイター] - イングランド・サッカー協会(FA)のグレッグ・クラーク会長(63)が10日、人種差別的発言をした数時間後に会長職を辞任した。

クラーク会長は英デジタル・文化・メディア・スポーツ省との特別委員会で、黒人・アジア人・少数民族(BAME)の選手について、「coloured(有色人種)」という人種差別的意味を持つ単語を用いて表現したことなどから大きな批判を呼んだ。

クラーク会長は、「委員会での私の発言は、サッカー、そして試合を見る人々、プレーする人々、審判や運営する人々を冒とくする許し難いものだった」と謝罪声明を発表し、辞任の意向を示した。

FAは声明で、ピーター・マコーミック氏が暫定的に会長を務めると発表している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up