November 12, 2018 / 1:47 AM / a month ago

北米映画興行収入=アニメ映画「グリンチ」が初登場で首位

 11月11日、バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、ファミリー向けアニメ映画「グリンチ」(日本公開12月14日)が6600万ドル(約75億1900万円)を稼ぎ、初登場で首位となった。主人公「グリンチ」の声をベネディクト・カンバーバッチ(写真)が担当する。写真は2017年9月撮影(2018年 ロイター/Fred Thornhill)

[ロサンゼルス 11日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、ファミリー向けアニメ映画「グリンチ」(日本公開12月14日)が6600万ドル(約75億1900万円)を稼ぎ、初登場で首位となった。

クリスマス映画としては最高のスタートとなった同作は、主人公のキャラクター「グリンチ」の声をベネディクト・カンバーバッチが担当する。

2位は前週首位だった「ボヘミアン・ラプソディ」で、3090万ドルを稼いだ。英ロックバンド「クイーン」のボーカルだった故フレディ・マーキュリーを描いた作品。

3位は初登場の「Overlord(原題)」で、興収は1000万ドルと平凡な数字。J.J.エイブラムス監督がプロデューサーを務めた。

4位はディズニーの「くるみ割り人形と秘密の王国」(同11月30日)で、960万ドルを稼いだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below