May 14, 2019 / 2:45 AM / 11 days ago

中国ゲーム会社、CFIUSの要請で出会い系アプリ売却へ

 5月13日、中国のゲーム会社、北京昆侖万維科技は、傘下の同性愛者向け出会い系アプリ「Grindr」の売却を求める対米外国投資委員会(CFIUS)の要求に同意したことを明らかにした。写真は「Grindr」のアプリ。上海で3月撮影(2019年 ロイター/Aly Song)

[13日 ロイター] - 中国のゲーム会社、北京昆侖万維科技(300418.SZ)は13日、傘下の同性愛者向け出会い系アプリ「Grindr」の売却を求める対米外国投資委員会(CFIUS)の要求に同意したことを明らかにした。売却期限は2020年6月。

昆侖万維は2016年から18年にかけて2回の株式取得を通じてGrindrを買収。CFIUSの審査は申請していなかった。CFIUSが既に完了した買収案件を取り消すのは異例だ。

CFIUSは詳しい理由を明らかにしていないが、米政府は特に米軍や米情報機関職員の情報が含まれる場合など、個人情報の安全性を巡りアプリ開発会社への監視を強めている。

昆侖万維は当局への届出で、Grindrの中国事業を閉鎖するとしたほか、ユーザーの個人情報を中国に送信しない方針を示した。

CFIUSは昆侖万維がGrindrの個人情報にアクセスすることや、Grindrのあらゆるデータを中国の個人や団体に送ることも禁止した。

昆侖万維はGrindrの本社を米国内に維持し、3人の取締役のうち少なくとも2人は米国人を任命するとともに、取締役会についてCFIUSの承認を得ることにも同意した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below