for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

料理宅配ジャスト・イート、グラブハブ買収交渉で進んだ段階

[アムステルダム/ニューヨーク 10日 ロイター] - 料理宅配サービスのジャスト・イートは10日、同業のグラブハブを株式交換の形で買収することで協議しており、交渉は進んだ段階にあると明らかにした。実現すれば売上高で世界最大の料理宅配サービス企業が誕生する。

グラブハブの時価総額は約43億ドル。同社を巡っては、米配車大手ウーバー・テクノロジーズ傘下のウーバー・イーツが5月、株式交換を通して買収することを提案していた。ただCNBCはこの日、ウーバーはこの案件から撤退しつつあると報じた。

この件に関してウーバーからコメントは得られていない。

ジャスト・イートによるグラブハブの買収が実現すれば、売上高が21億ユーロを超える世界最大の料理宅配サービス企業が誕生する。新型コロナウイルスの感染拡大で料理宅配サービスの需要が拡大する中、有識者の間では米国の料理宅配業界の再編はもっと早い時期に始まってしかるべきとの見方が出ていた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up