for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英GSK、初の女性CFOを採用 バーバリーから来年移籍

 9月26日、英製薬大手GSKは、来年5月から同社初の女性最高財務責任者(CFO)に英高級ファッションブランドのバーバリー幹部のジュリー・ブラウン氏が就任すると発表した。写真はGSK本社。ロンドンで1月撮影(2022年 ロイター/Hannah McKay )

[26日 ロイター] - 英製薬大手GSKは26日、来年5月から同社初の女性最高財務責任者(CFO)に英高級ファッションブランドのバーバリー幹部のジュリー・ブラウン氏が就任すると発表した。GSKは最高経営責任者(CEO)も女性のエマ・ウォルムズリー氏が務めている。この2つの役職とも女性になるのはロンドンFT100種株価指数構成企業でも、世界大手製薬企業としても珍しい。

ブラウン氏は来年CFOを退任するレイン・マッケイ氏(60)の後任になる。CFO歴約4年になるマッケイ氏の退任はこれまでも何度か話題になってきた。ブラウン氏は今月までスイスの同業ロシュの取締役も務め、英同業アストラゼネカでも複数の財務責任者職の経験がある。バーバリーから来年4月にGSKに移る。

GSKは大規模な消費者向けヘルス事業を分離し、中核事業の医薬品事業に集中する戦略を進めている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up