December 3, 2018 / 10:27 AM / 11 days ago

ユニリーバ、GSKの印ホーリックス事業を買収

[ロンドン 3日 ロイター] - 英蘭系日用品大手ユニリーバは3日、英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)のインドの栄養補助食品「ホーリックス」事業を33億ユーロ(37億5000万ドル)で買収すると発表した。

ユニリーバは今回の買収を通じてインド事業を強化する。

GSKは事業の合理化を進める。ホーリックスを巡っては、スイスの食品大手ネスレも買収を目指していたほか、米飲料大手コカ・コーラも当初、関心を示していた。

買収の対象には、インド、バングラデシュのほか、アジアを中心とする20市場のGSKの健康食品・飲料事業が含まれる。最大の資産は、インドに上場しているグラクソ・スミスクライン・コンシュマー・ヘルスケアの株式72.5%。

ユニリーバは、現金とインド子会社ヒンダスタン・ユニリーバ・リミテッド(HUL)の株式の組み合わせで33億ユーロを支払う。

GSKは、売却による純収入(税引き後、ヘッジコストを除く)が24億ポンド(31億ドル)前後になるとの見通しを示した。

GSKは、HUL株5.7%を取得することになるが、段階的に売却する計画。

ホーリックスは、インドで親しまれている麦芽飲料。

GSKは今年、スイスの製薬大手ノバルティスから大衆薬の合弁事業の株式を130億ドルで買収。買収資金を調達するため、ホーリックス事業の売却を検討していることを明らかにしていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below