June 17, 2019 / 4:27 AM / a month ago

グアテマラ大統領選、中道左派候補がリード 決選投票の公算大

 6月16日、中米グアテマラで、現職モラレス大統領の任期満了に伴う大統領選が投開票された。開票率20%の段階で、中道左派の野党、国民希望党(UNE)のサンドラ・トレス候補(写真)がリードしている。写真はグアテマラシティで撮影(2019年 ロイター/Luis Echeverria)

[グアテマラ市 16日 ロイター] - 中米グアテマラで16日、現職モラレス大統領の任期満了に伴う大統領選が投開票された。開票率20%の段階で、中道左派の野党、国民希望党(UNE)のサンドラ・トレス候補がリードしている。

トレス候補の得票率は23.33%。右翼の野党バモスのアレハンドロ・ジャマテイ候補が15.70%で2位に付けている。

当選を確実にするには得票率が50%を超える必要があり、19人の候補が票を争っていることを踏まえると、結果は8月11日の上位2者による決選投票に持ち越しとなる見通しだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below