for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

湾岸諸国の経済、今年は7.6%縮小の公算=IMF

[ドバイ/リヤド 30日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のジハド・アズール中東・中央アジア局長は30日、湾岸協力会議(GCC)加盟6カ国の経済は今年7.6%縮小するとの見通しを示し、4月時の予想を下方修正した。

オンライン討論会で「GCC経済は今年7.6%縮小すると予想している。縮小は全部門にまたがるだろう」と指摘。他地域の産油国は一段と落ち込む公算が大きいとした。

バーレーンのアルマラジ中銀総裁も討論会で公演し、同国経済はIMFの見通しに沿って縮小すると言及。IMFは4月、バーレーン経済は今年3.6%縮小するとの予想を示した。

IMFは24日に発表した最新の世界経済見通し(WEO)で、サウジアラビア経済は今年は6.8%のマイナス成長に陥るとの見方を示したが、サウジアラビア通貨庁(中央銀行に相当)のアハメド・ホリフィ総裁はIMFの見通しはサウジの予測に比べ「より悲観的」であると述べた。ただ具体的な数値は示さなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up