for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サウジなど4カ国、カタールと和解合意 17年からの断交に終止符

サウジアラビアは5日に開かれた湾岸協力会議(GCC)の首脳会議で、断交が続いていたカタールと和解することで合意したと明らかにした。写真は会談するサウジのムハンマド皇太子(左)とカタールのタミム首長。提供写真(2021年 ロイター)

[ウラー(サウジアラビア) 5日 ロイター] - サウジアラビアは5日に開かれた湾岸協力会議(GCC)の首脳会議で、断交が続いていたカタールと和解することで合意したと明らかにした。

サウジとアラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、エジプトの4カ国は2017年にカタールとの断交に踏み切り、イランに対するアラブ諸国の連携を強化していた。

共同声明には合意に関する詳細な確認は含まれていないものの、バイデン次期米大統領就任を2週間後に控え、イランとの緊張も高まりを見せる中、今回の和解は湾岸地域の主要な米同盟国間の亀裂を修復するという希望を示した。

サウジのファイサル外相は会見で、合意履行を確約する「政治的意志と誠意はある」とし、各国がカタールとの関係を改善することで合意したと述べた。

和解は米国とクウェートが仲介。ある米当局者は、カタールが断交に伴う法的措置を停止すると明らかにした。

サウジのウラーで開かれた会合には、クシュナー米大統領上級顧問も出席した。クウェートによると、サウジはカタールとの航空空域や国境を再開するという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up