Reuters logo
体操=白井が初の個人総合銅メダル、世界選手権
2017年10月7日 / 01:28 / 11日前

体操=白井が初の個人総合銅メダル、世界選手権

10月6日、体操の世界選手権、白井健三(右)は5日の男子個人総合決勝で合計86.431点をマークし、初めて出場した個人総合で銅メダルを獲得した。モントリオールで5日撮影(2017年 ロイター/Jean-Yves Ahern-USA TODAY Sports)

[6日 ロイター] - 体操の世界選手権は5日、モントリオールで男子個人総合決勝を行い、予選4位の白井健三は合計86.431点をマークし、初めて出場した全6種目で争う個人総合で銅メダルを獲得した。

予選2位の肖若騰(中国)が86.933点で初の金メダル。体操の主要国際大会で中国選手が男子個人総合で金メダルを獲得したのは2008年北京五輪の楊威以来となった。林超攀(中国)が86.448点で銀メダルだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below