November 3, 2018 / 1:21 AM / 10 days ago

体操=白井が床運動で銀、萱は8位 世界選手権種目別

[2日 ロイター] - 体操の世界選手権は2日、ドーハで種目別決勝の前半を行い、男子床運動で白井健三は14.866点で銀メダルとなり、世界選手権での同種目で5大会連続メダルとした。萱和磨は14.100点で8位だった。

個人総合金メダルのアルトゥール・ダラロヤン(ロシア)が14.900点で初制覇した。

女子跳馬でシモーン・バイルス(米国)が15.366点で優勝し、世界選手権で通算13個目の金メダルとなり、男子のビタリー・シェルボ(ベラルーシ)を抜いて歴代最多記録を更新した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below