April 19, 2019 / 4:41 AM / a month ago

消費増税延期発言、政府に異議唱えたつもりない=自民・萩生田氏

 4月19日、自民党の萩生田光一幹事長代行(写真)は、10月に予定される消費税率10%への引き上げに関して、6月の日銀短観次第で延期もあり得るとした自身の18日の発言について、政治家としての個人の見解を述べたもので、政府の方針に異議を唱えたつもりはないと語った。写真は都内で2016年5月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 19日 ロイター] - 自民党の萩生田光一幹事長代行は19日、10月に予定される消費税率10%への引き上げに関して、6月の日銀短観次第で延期もあり得るとした自身の18日の発言について、政治家としての個人の見解を述べたもので、政府の方針に異議を唱えたつもりはないと語った。

党本部で記者団に述べた。

萩生田氏は18日の発言について、安倍晋三首相と意思疎通を図ったものではないとしたうえで、政府とは話していないと語った。

消費増税を見送るなら国民に信を問うべき、との発言については「仮に国民と約束した消費増税を凍結あるいは先送りすることになれば、過去の例にならって何らかの国民の了解を得る必要性があるのではないかということに言及した」と説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below