for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ハイチ新首相にアンリ氏が正式就任、秩序回復と経済再建目指す

 ハイチ政府は7月20日、新首相にアリエル・アンリ氏(71)を正式に任命した。モイーズ大統領が暗殺されて混乱した国内の秩序を取り戻し、経済を立て直すという重い課題を背負うことになる。ポルトープランスで撮影(2021年 ロイター/Ricardo Arduengo)

[ポルトープランス 20日 ロイター] - ハイチ政府は20日、新首相にアリエル・アンリ氏(71)を正式に任命した。モイーズ大統領が暗殺されて混乱した国内の秩序を取り戻し、経済を立て直すという重い課題を背負うことになる。

アンリ氏は、モイーズ氏が暗殺される数日前に次期首相に任命した人物。正式な就任手続きが行われないままモイーズ氏が死亡し、暫定首相を務めていたクロード・ジョセフ氏から職務を改めて引き継いだ。

就任演説に臨んだアンリ氏は、まずモイーズ氏に哀悼の意を捧げるために1分間黙とうした後、国民に対して「今は団結と安定を目指す時だ」と訴えるとともに、9月に予定している選挙でできるだけ多くの人が投票できる環境を整えると誓った。

ジョセフ氏も、アンリ氏への権限移行は選挙を円滑に行う目的があると説明。ただ大統領の不在、治安悪化、経済低迷などハイチが置かれた状況は厳しいと指摘した。

アンリ氏とジョセフ氏はともに、政府が秩序と安全を回復させるのと同時に、犯罪や新型コロナウイルスのパンデミックで打撃を受けた経済の基盤強化に取り組む必要があると強調した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up