April 9, 2018 / 10:28 PM / 5 months ago

シリア化学兵器使用、米国は国連決定にかかわらず対応=米国連大使

[国連 9日 ロイター] - 米国のヘイリー国連大使は9日、シリアの反体制派地域である東グータ地区で今月7日に化学兵器が使用された疑いがあることについて、国連安全保障理事会の決定にかかわらず、米国は対応するとの立場を示した。

 4月9日、米国のヘイリー国連大使(写真)はシリアの反体制派地域で化学兵器が使用された疑いがあることについて、国連安全保障理事会の決定にかかわらず、米国は対応するとの立場を示した。3月撮影(2018年 ロイター/Mike Segar)

ヘイリー大使は国連安保理で「正義が実現されると世界が確認しなくてはならない時点に来た」とし、「シリアの人々を守るために安保理が責務を果たさなかったか、完全な無能ぶりを示したか、歴史に記されることになる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below