April 19, 2018 / 3:04 AM / a month ago

ヘイリー米国連大使、トランプ氏との関係「申し分ない」と強調

[国連 18日 ロイター] - 米国のヘイリー国連大使は18日、トランプ大統領との関係は「申し分ない」と強調し、自身とペンス副大統領が手を結んで2020年の大統領選でトランプ氏の対立候補になるとの観測を否定した。

ヘイリー氏は15日、シリアのアサド大統領を引き続き支援しているロシアに対し、新たな制裁を準備していると明らかにしていたが、政府高官は翌日、追加制裁を見送ることを決定したと表明。

この件でカドロー米国家経済会議(NEC)委員長がヘイリー氏は混乱していたかもしれないとコメントしたのに対し、ヘイリー氏は「わたしが混乱することはない」と反論していた。カドロー氏は発言について謝罪したと明かしている。

一方、ニューヨーク・タイムズ紙は17日、ヘイリー、ペンス両氏が正副大統領候補として20年大統領選に出馬する可能性についてホワイトハウスに近い共和党員らがうわさしていると報じた。

トランプ氏は次期大統領選で再選を目指す意向を既に表明している。

ヘイリー氏は、自身とペンス氏が立候補する可能性についてトランプ大統領は心配したほうがいいかとの質問に対し、首を横に振り「ノー」と答えた。

 4月18日、米国のヘイリー国連大使(写真中央)は、トランプ大統領との関係は「申し分ない」と強調し、自身とペンス副大統領が手を結んで2020年の大統領選でトランプ氏の対立候補になるとの観測を否定した。写真はニューヨークで撮影(2018年 ロイター/Shannon Stapleton)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below